青汁の非加熱で低温生搾りは栄養効果が違う!? 低温絞りがなぜ良いかの情報を掲載

極濃青汁,口コミ,人気の理由

 

青汁の低温生搾りに注目が集まっています。

 

というのも野菜を温めると火に通すことによって栄養成分の一部が分解してしまったり

 

お湯の中で加熱する時に水に溶けやすい栄養素の一部が流れ出てしまったり

 

「栄養素の損失」が出てしまいます。

 

健康のために青汁を飲むのであれば酵素がたっぷり残った低温生搾りにしたいんですよね。

 

なぜ酵素は低温で処理しなければならないの?

 

酵素はたんぱく質なので熱に弱く、加熱すると働きを失ってしまいます。

 

酵素飲料の多くは殺菌などのために加熱処理を施した物が多いです。

 

そのため、酵素が残っているのか? 低温で処理されたのか?

 

という点は重要になってくるんですよ。

 

青汁だったらみんな健康に良いだろうという感覚で選んでいてはダメなんですね。

 

人気の酵素は 雑誌の記事やドラッグストアでも目にするようになってきました。

 

極濃青汁,口コミ,人気の理由

 

酵素は取りたいが多く取るのが難しいんですね。

 

酵素が入ってる食品でお馴染みなのが漬物、味噌、醤油などの発酵食品です。

 

酵母や麹菌といった微生物の「酵素」の働きを活かしているので酵素を取るのにはもってこいなんです。

 

でも、発酵食品である漬物や味噌汁は塩分が多いんです。

 

塩分のとり過ぎで高血圧の恐れが・・・

 

会社の健康診断などで高血圧にチェックが入ったことありませんか?

 

私も一時期ラーメンにハマってしまいスープを全部飲むためチェックが入ったことがあります。

 

なぜ高血圧になるのか簡単にいいますと

 

体には、塩分濃度を一定にキープする役割があります。

 

塩分を摂取し過ぎると、血液中の塩分濃度がアップし、それを下げるために水分を多くため込むようになります。

 

その結果として、血液量が増えて血管がすし詰め状態になり、血管に高い圧力が加わるようになります。

 

その結果 「高血圧」になってしまうんです。

 

高血圧から他の疾患が出てくる事もあるため、塩分の過剰摂取は避けたいんですよね。

 

酵素摂取のお助けが低温生搾りの青汁なんです。

 

青汁には塩分は殆ど入っていません。

 

低温生搾りで有名な極農青汁の場合、ワンスティックで下記の栄養素でした。

 

(1スティック(3g)あたり)

 

熱量・・・7.6-9.3kcal

 

食塩相当量・・・0.006-0.037g

 

糖質・・・1.4-1.7g

 

食物繊維・・・0.9-1.0g

 

青汁は酵素を毎日取るのにもってこいなんですね。

 

青汁でも低温で絞ったのかが重要。

 

極濃青汁,口コミ,人気の理由

 

青汁は人気となりスーパーなどでも多くの製品が売られています。

 

しかし、酵素を壊さないように低温で絞った青汁は限られています。

 

低温で絞った青汁の中には酵素が残っています。

 

一般的な青汁をシェーカーで振っても泡が立ちませんが

 

低温搾りの青汁はシェーカーで振ると酵素が残っているため新鮮な泡が発生します。

 

青汁の中でも極農青汁は加熱処理せずにできるだけ酵素を残す製法でした。

 

熱をかけないことで酵素が活き、栄養価やお味、香りなどの面でも原料真の実力が引き出されます。

 

低温絞りの青汁の中で極農青汁は公式ページできちんと低温製法と酵素の説明をしてくれているので

 

信頼できると思います。

 

⇒低温で絞って酵素が飲める極農青汁はこちら

 

今家族で青汁を飲んでいてとても調子が良いので

 

他にもオススメの青汁があったら教えてください。

 

よろしくお願いいたします。m(_ _)m